辻仲つくば胃と大腸内視鏡・肛門外科クリニックの胃内視鏡|茨城県つくば市の大腸・肛門外科 消化器内科 内視鏡検査

〒305-0032 茨城県つくば市竹園1-4-1 南3パークビル2階
つくば駅から徒歩5分の大腸・肛門外科 消化器内科 内視鏡検査

胃内視鏡 GASTROSCOPE

診療時間
9:00~11:30
14:00~16:30

休診日:日曜、祝日
※外来診察は、予約不要です。
※午前・午後とも初診を受け付けております。
※NEWSにて担当医表のご案内をしております。

胃内視鏡について

こんな場合はご相談ください

  • 胃もたれや胸やけを自覚する
  • 食欲低下や体重減少がある
  • 以前よりげっぷの回数が増えた
  • 喉や胸がつかえる気がする
  • みぞおち周辺に痛みや違和感がある
  • 検診で受診をすすめられた
  • 喉やみぞおち周辺に不快感がある
  • ピロリ菌に感染している

胃や食道の
病変を特定して治療します

胃内視鏡(胃カメラ)とは、胃や食道、十二指腸にある病変部位を特定し、精密に検査・診断するために行う検査です。当院では、口または鼻から柔らかい専用チューブを挿入することで、患者さんの負担軽減に努めています。鎮静剤を使用した検査にも対応しており、眠った状態で検査を受けていただくことも可能です。
早期胃がんを治療すると、胃がんのなかったかたと同等の寿命を享受できるとことが示されています。気になるかたはご相談ください。

胃内視鏡でわかる病気例

  • 慢性または急性胃炎
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 萎縮性の胃炎
  • 胃潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 胃がん
  • 機能性ディスペプシア
  • 食道がん

当院の胃内視鏡検査

鎮静剤を使用した
苦痛の少ない検査を実施

当院では、検査時に患者さんへの負担や苦痛をできるだけ軽減できるよう、鎮静剤を使用しています。半分眠ったようなぼんやりとした状態で、リラックスしたまま検査を受けられます。また、検査後は専門のリカバリールームでしっかりと休んでからお帰りいただけます。苦痛が理由で内視鏡検査をためらっていたかた、不安や緊張の大きいかた、痛みが苦手なかたはお気軽に当院までご相談ください。

内視鏡検査実績 23,886

経鼻内視鏡や拡大内視鏡に対応

当院では、日本消化器内視鏡学会専門医が患者さん一人ひとりの症状やお身体の状態に応じて、さまざまな内視鏡を使い分けながら検査・治療を行っています。たとえば、胃内視鏡による吐き気が生じないように鼻からチューブを挿入する経鼻内視鏡を実施し、苦痛の軽減に努めております。また、腫瘍やポリープの表面が拡大できる拡大内視鏡を導入し、正確な診断へとつなげています。

先端設備を用いた
精度の高い検査・診断

当院では、内視鏡検査や診断の精度を高めるために、各種先端設備を取り入れた診療をご提供しております。光の波長を変えた強調画像や、内視鏡AI(内視鏡画像診断支援システム)を導入することで、ポリープやがんを鑑別し、的確な診断を行います。

内視鏡AIとは?

内視鏡AIとは、胃や大腸などの内視鏡検査の際に、AI技術を用いて病変を検出するシステムのことです。従来の内視鏡検査では判別が非常に難しい初期がんを早期発見し、検査や診断の精度を高める技術として導入されています。内視鏡AIと医師の熟練した技術を駆使し、適切に検査・治療します。

そのほかにも・・・

  • つくば駅寄り徒歩5分で通いやすい
  • 胃内視鏡・大腸内視鏡の同日検査が可能
  • 女性医師在籍で女性でも安心できる
  • 検査後の病理検査対応

鎮静剤について

費用

料金表

項目費用(3割負担の場合)
胃内視鏡検査5,000円

※費用は目安です。

お支払方法

当院では、下記のお支払方法が可能です。

現金 現金でのお支払い

胃内視鏡検査の流れ

1 WEB予約・電話予約
胃内視鏡検査をご希望される場合は、WEBまたはお電話でご予約していただけます。鎮静剤の使用、鼻からの検査をご希望のかたは、ご予約時にご選択ください。ご相談されたいかたは検査当日のご相談も可能です。
※鎮静剤の使用をお選びいただいた場合、検査当日ご自身で乗り物を運転できません。
2 検査前日の準備
消化管の内部をきれいに観察できるように、検査前日はなるべく消化に良いものをお食べください。午前検査の場合は夜9時までに食事を済ませてください。午後検査の場合は朝食を軽めにし、朝8時までに済ませてください。その後は禁食です。透明な水分(水、スポーツ飲料など)の摂取は可能です。
3 当日来院前の準備
検査を受けるまでは食事ができないため、起床後は水やお茶などの水分補給のみとなります。検査2時間前からは絶飲食のため、水分補給も禁止です。検査時の誤嚥や窒息を防ぐために必要な準備ですので、ご協力をお願いいたします。処方薬の内服は予約時間の3時間前までに済ませてください。糖尿病治療薬は当日の内服は控えてください。

検査当日の持ちもの

  • 診察券
  • 保険証
  • お薬手帳
  • 着替え(汚れる場合がございます)
4 胃内視鏡検査
予約時間の30分前までにご来院いただき、問診表のご記入や診察後に胃内視鏡検査を実施します。わからないことやご不安なことがございましたら、遠慮なくお声がけください。
※検査当日は採血を行います。
半年以内に採血を行ったかたは、検査結果をご持参いただければ当日採血はございません。
5 検査後
検査が終了した後は、別室でお休みいただき、体調の変化がないか確認させていただきます。体調や意識状態が問題ないことを確認できましたら、検査の結果や今後の治療についてご説明いたします。
6 帰宅
検査結果や今後の治療プランをお聞きいただいたあとは、体調に問題がなければご帰宅していただけます。検査終了後の飲食や注意点については、当院スタッフからご説明させていただきます。わからないことがございましたら、遠慮なくご相談ください。

よくあるご質問

Q

胃内視鏡(胃カメラ)検査では、保険証が使えますか?

A

胃や食道に症状や病変がみられた場合は保険証をお使いいただくことが可能です。なお、保険診療範囲内になるかどうかは医師の診察により判断いたします。保険適用や料金に関するご質問は、事前に当院スタッフまでご相談ください。

Q

検査中に吐き気や嘔吐してしまうことはありませんか?

A

当院の胃内視鏡検査は鎮静剤を用いて行うため、うとうとした状態で受けられます。そのため、検査中に吐き気や嘔吐する心配がございません。また、運転予定などで鎮静剤を使うことができないかたには、吐き気が起こりにくい経鼻内視鏡もご用意しておりますので、ご安心ください。

Q

胃内視鏡検査を鼻から行うことは可能ですか?

A

患者さんの症状やご要望に応じて、鼻から内視鏡検査(経鼻内視鏡)を行うことは可能です。ただし、鼻の内部の形状や鼻炎などの持病があると、経鼻内視鏡検査ができないこともございます。その際は、患者さんにご負担がかからない方法で検査を進めさせていただきます。また、鎮静剤を使用する場合は、口からの検査をおすすめしております。鼻からの検査が難しい場合に口からの検査への切り替えが難しかったり、鼻を痛がったりするかたも多いからです。とはいえ、鎮静剤を用いても鼻からの検査を行うことも可能です。鼻からの検査をご希望のかたは、予約の際にお申し付けください。

Q

駐車場はありますか?

A

駐車場は、当院上階にある南3駐車場、または近隣の駐車場をご利用ください(駐車料金は、患者さんのご負担となります)。ただし、鎮静剤を使用した検査をご希望のかたは、検査当日運転ができないため、公共交通機関での来院をお願いいたします。