クリニックからのお知らせ


→ 過去のお知らせはこちらから




診療案内

診療受付時間 日・祝
9:00~11:30
14:00~16:30

外来診察は、予約不要です。
午前・午後とも初診を受け付けております。


主な診療内容

大腸・肛門病、消化器病の専門診療
痛みに配慮した肛門科日帰り手術
苦痛の少ない内視鏡検査(大腸内視鏡・胃内視鏡・日帰り大腸ポリープ切除)
*保険診療を取り扱っております。
*医療関係者の方へ



診療実績

2016年度
肛門科手術 242件、胃内視鏡検査 584件、大腸内視鏡検査 1,083件、大腸ポリープ切除 183件

2017年度
肛門科手術 250件、胃内視鏡検査 611件、大腸内視鏡検査 1,150件、大腸ポリープ切除 275件

2018年度
肛門科手術 277件、胃内視鏡検査 775件、大腸内視鏡検査 1,239件、大腸ポリープ切除 367件

2019年度
肛門科手術 233件、胃内視鏡検査 825件、大腸内視鏡検査 1,255件、大腸ポリープ切除 408件

2020年度
肛門科手術 267件、胃内視鏡検査 828件、大腸内視鏡検査 1,356件、大腸ポリープ切除 398件



診療科目

大腸・肛門外科

大腸や肛門に関わる様々な病気を診療いたします。当院は辻仲病院グループで長年培われてきた診療実績をもとに、専門的な診察・治療を提供いたします。

痔核、痔瘻、裂肛、肛門周囲炎などの肛門疾患はもちろんのこと、便失禁や排便障害、直腸脱など一般病院では敬遠されがちな疾患も積極的に診療しております。誰にも相談できず、独り悩まれている方も多いと思います。診察にいらしている方は同じ悩みを抱えた人たちです。プライバシーや診察時の羞恥心には最大限配慮しております。

肛門科に行くと何でも手術を勧められるのでは? と思われている方も多いと思いますが、手術が必要な方はそれ程多くはありません。まずは気軽に診察を受けてみてください。


消化器内視鏡内科

胃カメラ(上部消化管内視鏡)や大腸カメラ(下部消化管内視鏡)を使用して病気の発見・治療を行います。当院では苦痛の少ない内視鏡検査を目指して挿入法に気を配り、また鎮静剤等を適切に使用して検査を行っています。日帰り大腸ポリープ切除も行っています。


消化器内科

胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎、胃腸炎など様々な胃腸疾患を診察いたします。近年、潰瘍性大腸炎やクローン病といった難治性疾患が増加しています。下痢や腹痛、体重減少、発熱、食欲不振等の症状がみられる場合は相談してください。また、近年ストレス社会などの影響により下痢などの胃腸障害をきたす方が増加しています。当院では過敏性腸症候群などの機能性疾患についても積極的に診療いたします。


内科

風邪、各種予防接種など、気軽にご相談ください。